鏡開き ピザ窯で鏡餅をやいてみる

新年明けましておめでとうございますっ

昨年末は色んなところでお餅をつかせて頂きました。
ありがたいことです。

年末は鏡餅つくりワークショップも開催させて頂いたのですが、
その時かがみ餅の食べ方の実験も色々してみたのです。

鏡餅は正月明けの11日に鏡開きといって食べるわけですが、
普通の鏡餅であればカッチカチに固まっていて、ハンマーを使って割ったりして食べますよね。

なので、
そのまま蒸してみたらどうなるかな
そのまま焼いてみたらどうなるのかな?
そのまま輪切りにしてみたらどうなるのかな?
などなど試してみました。

まず、せいろで蒸す
これは、分厚すぎるため全然柔らかくならず断念

次にそのまま、ピザ窯で焼く
思ったいじょうに面白い結果に。
まるで見た目はパン。でも割ってみると

ぶわっと湯気とともに、もっちもちのお餅が。
これには、周りにいたみんなからも歓喜の声がw

このままお醤油を真ん中に垂らして頂きました。

続いては輪切りにして焼いてみる

これはお餅が柔らかい状態でないとまず輪切りに出来ないのですが、今回は頑張って輪切りにして、ピザ餅にして焼いてみました。

なかなかいい感じに仕上がりましたが、輪切りにするのがやっぱ大変だった。。。

ということで、
鏡餅の食べ方はピザ窯で焼くと、簡単で旨いっ

に行き着きました。

来年は年末に鏡餅つくりワークショップ。
年始にピザ窯で鏡開きワークショップを企画いたしますので
今後共よろしくお願い致しますっ

スポンサーリンク