壁掛けテレビをつくる

壁掛けテレビ

壁掛けテレビをつくる

簡単に言うと

木材でつっぱり柱をつくり、そこに壁掛け金具を設置して、テレビをかける。

スポンサーリンク

必要な材料と道具

・2バイ材(2×4の木材)2本

・ディアウォール等 (つっぱり固定具)

・テレビ壁掛け金具

・インパクトドライバー

・えんぴつか、千枚通し(キリ)

壁掛け金具は、色んな種類があるが、強度を考えて、上下に少し首が降れるものを選びました

材料と道具の選び方

2バイ材は、材料の端を持ちあげて、端から、反対の端をみて反りがひどくないかを確認。
必要な長さは取付箇所の床から天井までの高さー40ミリ。
ホームセンターに行ったときお店で指定の長さに切ってもらうのが楽。

各重さを確認する

取り付けたいテレビの重さ23キロ

つっぱり固定具の耐荷重は、1本20キロ程度

壁掛け金具の耐荷重50キロ

よって、この構成で問題なし。

作成手順

用意した2本の2バイ材につっぱり固定具(ディアウォール)をはめて、立てかけて 柱をつくる。ディアウォールはスプリングが入ってるので、しっかり押し込みながら、床と天井の間に柱を設置する。

柱の向きは壁に対して平行にしても

垂直にしても

壁掛けテレビ設置

テレビの重さくらいであれば どちらでもOK。

テレビのサイズに合わせて柱の間隔を決める。

テレビを設置したい高さをきめて、壁掛け金具を設置

壁掛け金具には、水平器と、ビスがセットになっている。

金具を手で仮抑えしながら、ビス止めする位置に印をつける。

印をつけた箇所に下穴をあけ、あとでビスをうったときに材が割れないようにする。

金具をビスで、軽くとめて、水平器を見ながら、しっかりビス止めを行う。充電式の電動ドライバーがあると作業のさくっとすすむので楽。

金具が設置できたら、あとはテレビにも金具を設置して、

テレビを壁にとりつける

柱側にひっかけて完成。

コードは、柱の後ろに入れ込む見た目がすっきりしてよいです。

スポンサーリンク

★クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
あと1つ、お願いします!

フォローする

スポンサーリンク