刃物を研ぐ 

刃物を持つようになると、必然的に「研ぐ」行為が必要になってきます。

研ぎには研ぎ方があり、熟練の木工職人でも研ぎは基本中の基本。そして1にも2にも研ぎ。

というか、切れない刃物をもっていても全く仕事にならないので、刃物を常に切れる状態にしておくためにも、やはり研ぎは大切なのです。「研ぎ方」で検索するとたくさんのやり方サイトがでてきます。

私が普段使っている砥石がこちら

41zJisD9OrL

1000番のいわゆる荒砥という砥石で、だいたいの刃物はこれ一つあれば、切れるようになります。

さらに仕上げたい人は3000番の仕上げ砥石というのもあります。

そして、どこまで研げば切れ味が戻るのかという目安ですが、簡単に確認する方法があります。

ある程度研いだら刃物を爪に軽く押し当ててみましょう。

刃物に力を入れなくても爪に食い込んだら合格。刃物を動かそうとしても動きません。

刃物を爪に当てても食い込まず、刃物を動かそうとすると動きます。これはまだ研ぎが甘い状態です。

是非みなさんも包丁を研ぐ時の目安にしてみて下さい。

最近、刃物が増えてきたので自動研ぎ機を購入してみました。

「EARTH MAN 高儀 変速刃物研ぎ機」

71rLwmQce1L._SL1378_

こちらの商品ですが、アマゾンで8000円くらいで売っています。

これを使えば、あっという間にたくさんの刃物を研げる!と思いきや、全く研げません。

使い方が悪からなのか、自分で手で研いでる方が早く仕上がる始末。何事も勉強と思って、もうしばらくこの機械をつかってみようと思います。

スポンサーリンク

★クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
あと1つ、お願いします!

フォローする

スポンサーリンク