玄米ご飯をつくると、わかること

玄米ごはん

スポンサーリンク

玄米ごはんを食べるきかっけ

昼ご飯を食べると、眠くなる・・・

そんな経験をしたこと、ありませんか?

私は、朝食で白米を食べると、身体がだるくなり、眠たくなる・・・そんな日々が続いていました。

日本の食事は白米が多いので、朝も昼も夜も、ご飯には白米が出てくることが多いですね。

白米は身体に良いですし、必要な炭水化物も摂ることができます。

しかしその白米が、血糖値を急激に上げてしまい、眠気を引き起こし頭をぼーっとさせてしまうことがあるのです。

そこで玄米が血糖値の上昇を防ぐということを知り、玄米ご飯を食べるようになりました。

玄米ごはんをつくるのはコツがいる

玄米はぬかの付いたお米なので、白米のような炊き方では美味しく炊けません。

玄米を美味しく炊くのはこちらのサイトを参考にしました。

ぜひご覧ください。

玄米生活

発芽玄米

実は玄米はそのまま食べると、胚芽の部分が毒性を持っています。

胚芽には栄養がたっぷり!と紹介もされていますが、実は、毒もたっぷり!なのです。

しかし、発芽をさせることでこの毒が消えるのです。

市販で、発芽玄米が売っているのでそれでもいいのでは?

もちろんそれでも良いでしょう。

しかし、市販の発芽玄米の中には、発芽時間を短縮させるために、塩水につけることも多いそうです。

塩水に浸けられたお米を売られても・・・と思いますが、実際にはそういうことも多いそうです。

塩水に浸けられていますので、当然ながらお米はその塩も吸ってしまっているのです。

玄米を炊くと、わかること

お米にはそもそも栄養がたくさんですが、玄米の栄養はとても多いのです。

糠には食物繊維が、発芽玄米にも多くの栄養が含まれています。

また、ご飯を食べてぼーっとなる原因はお米にあった!というのが一番の発見です。

玄米を食べても眠くならないですが、白米を時々外食で食べると、仕事になりません・・・

ただ、玄米は消化が悪いのでよくかんで食べることが大切です。

スポンサーリンク